洗い方を知ろう|デリケートゾーンの様々な悩み解消する方法

洗い方を知ろう

お尻

デリケートゾーンの正しい洗い方とダメな洗い方を把握しておきましょう。デリケートゾーンは身体の中でも非常に敏感な部分ですから、丁寧に洗うようにしなければいけません。
まず、洗う前に石鹸やボディソープをしっかりと泡立てましょう。指ではなく泡で洗うようにしなければならないため、ふっくらとした泡を立ててください。そして実際に洗うときはアンダーヘアを洗いその次に陰茎や性器部分を洗います。そして最後に会陰部分と肛門の順に洗うのです。常に優しく丁寧に洗うことが肝ですが、生理中はとくに刺激を与えないように洗ってください。生理中はいつもよりデリケートゾーンが敏感になっているため、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすいからです。

ダメな洗い方はタオルでデリケートゾーンを力強くゴシゴシと洗うことです。においを落とそうとして一生懸命洗ってしまう方がいますが、雑菌の繁殖を防ぐ分泌液まで余分に落としてしまうため、悪循環です。膣には元から自浄作用があるため、その能力を残しておくためにもタオルで力強く洗うのはやめましょう。
また、良い香りで泡がモチモチのボディソープを使用するのもあまり良くありません。その理由は、界面活性剤が含有されているからです。界面活性剤はいわゆる添加物ですから、敏感なデリケートゾーンには合いません。デリケートゾーンとの相性が良い低刺激タイプに交換をしてください。
このように実は洗い方にもポイントがあったのです。